Amour Home


不動産の関連情報

不動産(ふどうさん、英: immovables)とは、国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、大まかにいうと土地とその定着物、あるいはそれらに対する物権を広く含むこともある。英米法系の民事法における物的財産(real property)に近似する概念であり、その訳語としても用いられることが多い。 日本法においては、土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はないが、建物それ自体が土地とは別個の不動産とされる(不動産登記法はそのような前提で定められている)。これは台湾民法にもみられるが、比較法的には珍しい。この他にも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産とされている。 また、本来は不動産ではないが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして船舶、航空機、鉱業権などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

サーファーズハウスはサーファーが決済にサーフィンを行う際に拠点とするための重要な家であり、そのための様々な要素を盛り込むことが重要になります。一般的にはサーファーの家と言うイメージがあるため、非常に特殊な建物と言うイメージがありますが、実際には人が住む普通の家としての要素も十分に持っていないといけない面があり、この要件とサーフィンを行うためにその準備が行える要件が両立されていないといけないものです。 しかしその要件はサーファー一人ひとりにより大きく異なるため、住む人によって様々な要素を盛り込むことが重要になります。私たちの工務店ではこれまでサーファーズハウスをたくさん建ててきた経験からその人の生活様式や好みに応じて様々なサーファーズハウスを設計しています。自由設計で立てるサーファーズハウスは一般的なものとは異なり、個人の好みに合わせた非常に多彩な使い方ができるのが特徴で、サーファーの家と言う観点にこだわらずに快適に生活できる家を建てることを目指しています。
Tagged on: ,Amour Home