医療法人 桃一会 DAIYUUZAN CENTRAL CLINIC

小田原市,南足柄市で内科や人工透析の病院をお探しの方は「大雄山セントラルクリニック」をご利用ください。透析治療は個室完備・水質管理の徹底により、安心して治療に取り組む事が出来ます。当院へお越しの際は最寄りの南足柄市大雄山駅をご利用下さい。見学受付中。


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患に対し医療を提供し、病人を収容する施設のこと。病院よりも小規模な医療施設は診療所(クリニック)と呼ばれる。規模的には病院ではあるが、歴史的な理由によりクリニックの名称を残す施設もある(メイヨー・クリニックなど)。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

色々な病気がありますが、特定の病気ではなく総称として呼ばれる病気があります。その一つとして生活習慣病があります。かつては成人病と呼ばれていて、主に中高年がなる病気なのでそう呼ばれていました。しかし最近はそれらの病気になる患者の低年齢化が進み、必ずしも中高年でなくてもなる人が出てきたとされます。生活習慣に問題があると若い人でもなる人がいるので、生活習慣病と呼ばれるようになっています。その代表としては糖尿病などがありますが、原因として食生活の乱れであったり、日常生活の乱れがあるとされます。暴飲暴食であったり、栄養を考えない食事、体を動かさないなども原因になります。生活習慣病になる人の傾向として、体型が肥満状態にある人が多いとされます。肥満の程度を測る数字としてBMIがありますが、その他には胴回り等が一定以上ある人などが該当します。生活習慣病になりそうな人はメタボリックシンドロームと呼ばれ、予備軍としてより気を付けた生活が必要とされます。病気になってから治療すると大変ですが、なる前に予防するとならないで済むかもしれません。肥満を解消する方法として医療機関では肥満外来を設置しているところがあります。一般的にダイエットは個人が自由に行いますが、正しく行えていない人が多いです。医学的見地から一定の指導をしてもらえます。肥満外来を受診すると、問診の上で検査を行います。この時に一定の基準に達していると健康保険の適用を受けて治療が受けられます。治療といってもいきなり薬などを使うのではなく、基本的には食事療法、運動療法、行動療法などを行います。ただし、検査などで異常な状態を示しているときには早急な対応をするために薬の処方をしてもらうときもあります。体の脂肪を溶かしやすくする薬などになります。その他外科療法が用いられるケースもあります。どうしても食事がやめられない人の体に満腹感が得られやすいよう胃に袋を入れます。これによって食事量を減らして肥満解消を試みます。
Tagged on: ,医療法人 桃一会 DAIYUUZAN CENTRAL CLINIC