動画撮影

商品動画撮影ならフレストンへ。


動画制作の関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

動画の撮影をするときに、機器として利用するものは、大きく分けて三つあります。一つ目は、ビデオカメラです。長時間の撮影に適しており、動いている被写体を追いかけながら、しかも手振れ補正機能もついています。30分以上の撮影には、三脚を使い、じっくり撮影できるビデオカメラが最適です。次に、ビデオカメラ程、光学ズーム倍率が低かったり、ピント合わせが遅いという弱点がありながら、コンパクトで持ち運びが便利なのが、デジカメです。最近は、高品質の動画も撮ることができるようになりました。バッテリーが持たなくなるので、予備を持っていくことが大切です。子どもが小さく、荷物が多いときには最適な撮影機器です。最後に、一番身近で日常生活のクリップ動画を撮影するのには、スマートフォンが最適です。撮影した後、SNSで共有するのにも簡単に操作することができます。その動画の撮影方法ですが、プロの撮った映像のように見せるテクニックとして、次の三点が考えられます。最初は、録画の前後に数秒の余裕を持たせるということです。後で編集しやすいということもありますが、余韻を持たせたりする効果もあります。被写体の人には、カメラ目線で撮影後もしばらく演技することを告げておく必要があります。二番目に、アングルの問題です。1台のカメラで全体を撮ります。これは、引きで撮ったり、アップにしても質が落ちないよう4Kの高画質なものを用意するとよいです。もう一つを別のアングルから撮影することでプロらしく素晴らしい動画を撮ることができます。斜めサイドからアップで撮影します。そして最後に複数の映像を上手に編集することで、映像の世界に広がりを持たせることができます。三番目の撮影の工夫は、カメラをむやみに動かさないということです。動きに意味がない撮影は、素人らしさをかもし出してしまいます。パンやズームなど、意味合いを考えながらすることが大切です。基本は、三脚で固定し水平な映像を心がけることが重要です。
Tagged on: ,動画撮影