アメニティコーポレーション

ISO内部監査の研修ならアクイルへ 業界屈指の低価格! 1名15,500円!取得コンサルティングも実施中


プライバシーマークの関連情報

プライバシーマークとは、一定の要件を満たした事業者などの団体(医療法人など)に対し、一般財団法人日本情報経済社会推進協会 (JIPDEC) が使用を許諾する登録商標である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

近年、ドライブレコーダーの売り上げが伸びています。要因として挙げられるのが、あおり運転対策ではないでしょうか。高速道路のあおり運転によって死者が出る事案がありましたし、有事に備えてドライブレコーダーを設置する方が増えています。同じように増えているのが、自宅に設置する防犯カメラではないでしょうか。街中にもカメラが増えていますし、あらゆる事態を想定して動いておくことが大切です。昔に比べるとカメラの性能も上がっていますし、車のナンバーや顔画像が鮮明になっています。犯人逮捕の有力な情報となりますし、抑止力にも繋がっています。侵入者の情報をキャッチして警備会社に連絡が行くシステムもありますし、年々セキュリティへの意識が高まっていると言えます。小中高校への防犯カメラ導入や警備員の配置など、まだまだ課題が山積しているのも事実です。身近にある凶悪な犯罪をどうやって防ぐかで、日本の安全が大きく変わって来るのではないでしょうか。少子高齢化によって、働き手の確保に頭を悩ませる業界が増えています。警備業界もそうですし、セキュリティ面を考えると早めに対策を講じておくべきです。暴漢対策には訓練が必要不可欠ですし、屈強な人材を確保しておくべきです。また、IT関連の知識習得も欠かせないのではないでしょうか。サイバー犯罪が増えていますし、知らない間に情報が盗まれてしまっているケースがあります。無実の罪を着せられる場合もありますし、ITの扱いに長けた人材を育成しておくべきです。マネーロンダリングは巧妙な手口によって行われますし、海外送金も年々手口が新しくなっています。これまでの常識が通用しなくなっていますし、かつてのような安全神話は崩壊していると言えます。ハードとソフトの両面でセキュリティを考えるべきですし、世界各国に先駆けたシステムを構築しておくべきです。トップランナーとして、日本の果たすべき役割は大きいはずです。
Tagged on: ,アメニティコーポレーション