株式会社北工房

特定建築物定期報告は札幌市「株式会社 北工房」にお任せ下さい。建設事務所の確かな技術と経験で、アフターフォローまでしっかり対応。特定建設物定期報告の無料相談も行っております。定期調査・定期検査でお困りの事があれば、お気軽にご相談ください。


住宅の関連情報

住宅(じゅうたく)は、人の居住を用途とする建築物。「住居」とも言う。生活範囲となる環境を含める場合もある。 ひとつの敷地に一世帯が居住する「一戸建(て)」(戸建(て)、個人住宅とも言う。建築基準法においては専用住宅)と、複数世帯が居住する「集合住宅」(建築基準法においては共同住宅)とに大別される。また、自己が所有し居住する持ち家と、他人が所有する住宅を借りて居住する貸家(貸間)・賃貸住宅に分けることもできる。 その形には、社会の変化に応じて流行もあり、和風住宅、洋風、欧風住宅といった呼び名があり、また、高齢者の在宅ケアなどのための同居する人が増えるようになり、二世帯、三世帯住宅や、高齢者住宅、バリアフリー住宅といった呼称も出てきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

建築設計事務所にお願いすることによって、定期的に報告しなければならない施設調査を、スムーズに終わらせることが可能です。面倒だと感じている人もいるかもしれませんが、学校やデパートなどといった大型施設に関しては、定期的に報告しなければならないと法律上決まっているので、しっかりと実践することが大切だといえます。もし報告依頼の書類が届いたら、放置せずに、すぐにでも取り掛かるようにしておきたいところです。あまりにも長引いてしまうと罰せられてしまう可能性があるため、すぐにやってしまった方が良いでしょう。報告書が届いてから、すぐに動けるように、建築設計事務所をあらかじめチェックしておくことをおすすめします。選ぶ設計事務所によっては、非常にリーズナブルな値段でやってくれるので、とても便利です。金額等は、建築設計事務所のホームページで確認できますし、そこでは今までの調査事例などもチェックすることが可能なので、どちらにせよ目を向けておいた方が良いでしょう。ただ、そもそもどこの建築設計事務所に声をかければ良いのかわからない人も多いはずです。そんな時は素人判断で適当に選ぶのではなく、選ばれ続けている建築設計事務所をしっかりと選ぶために、経験者の話を聞くことをお勧めします。例えば、身の回りに経験者がいるなら、どこの建築設計事務所がお勧めなのか教えてもらいましょう。もし経験者がいない場合は、ネット上の口コミが確認できるサイトなどを利用するのも便利です。素人判断をせずに、その類の情報コンテンツは、素直にチェックさせてもらうことが重要となります。建築設計事務所以外にもお願いすることが可能ですが、やはり、建築設計事務所は建築に携わっているので、施設の作りなどをしっかりと理解していると言うこともあり、安心して任せられるでしょう。非常口や避難通路等の、必ず調べておかなければいけない部分も、隅々まで調査してくれます。
Tagged on: ,株式会社北工房