有限会社グリーン住宅

弘前のアパート・不動産なら有限会社グリーン住宅へ!青森県弘前市の弘前駅と弘前大学の間に会社を構えております。賃貸、不動産売買の仲介から、売買物件の査定、買取まで。女性スタッフが真心をもって対応いたします。お気軽にお立ち寄りください。


不動産の関連情報

不動産(ふどうさん、英: immovables)とは、国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、大まかにいうと土地とその定着物、あるいはそれらに対する物権を広く含むこともある。英米法系の民事法における物的財産(real property)に近似する概念であり、その訳語としても用いられることが多い。 日本法においては、土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はないが、建物それ自体が土地とは別個の不動産とされる(不動産登記法はそのような前提で定められている)。これは台湾民法にもみられるが、比較法的には珍しい。この他にも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産とされている。 また、本来は不動産ではないが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして船舶、航空機、鉱業権などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

あまり時間がない人の場合は、自分で生活したいと考える物件を絞らないままで、不動産業者に足を運んでしまう傾向があります。この行動は間違いではありませんが、しっかりと決めて行かなくてはならない部分があるので覚えておくようにしましょう。どんな部分を決めてから不動産業者の店舗に足を運ばなくてはならないのかと言いますと、予算になります。賃貸物件を契約する際は、家賃の部分をしっかりと考えなくてはなりません。自分の所得だといくら程度の家賃の賃貸物件を契約することができるのか、しっかりと考える必要があります。比較的高額な給料もらっている人の場合は問題ないかもしれませんが、ギリギリの給料で生活をしている人は、賃貸物件で生活する際の家賃があまりにも高いと大きなリスクを背負ってしまう傾向があります。自分が生活したいと考えている間取り等が決まっている場合もありますが、間取りよりも最初に家賃を決めなくてはならないと忘れないようにしましょう。もちろん場所によっては家賃相場が高い地域もあるので、自分が考えている予算であればどこで生活をすることができるのかまで考えなくてはなりません。しっかりと家賃を決めることができたら、不動産業者の店舗に足を運んでしまう傾向がありますが、もう一つ確認をしておかなくてはならない部分があります。それは初期費用になります。不動産業者で賃貸物件を契約した経験がある人は、把握をすることができる部分になりますが、賃貸物件を契約する際は初期費用を支払わなくてはなりません。この初期費用は家賃の3ヶ月分程度になる傾向があり、しっかりとお金を貯金していなければ契約を行うことが難しくなってしまいます。この部分を全く決めずに不動産業者の店舗に足を運んでしまうと、不動産業者の人もどんな賃貸物件を紹介するべきなのか迷ってしまい、全く話が進まないような状態になってしまいます。今まで賃貸物件で契約をしていた人は、今までの家賃で問題ないか確認をした上で、予算を決めてみると良いかもしれません。
Tagged on: ,有限会社グリーン住宅