自家焙煎珈琲やすらぎ

コーヒー豆を通販で注文することができます。自家焙煎珈琲やすらぎでは受注後に焙煎を行い、新鮮なコーヒー豆をお届けいたします。コーヒーギフトも好評発売中!美味しいコーヒーの淹れ方も紹介しています。


コーヒーの関連情報

コーヒー(オランダ語: koffie /?k?fi/ コフィ)は、コーヒー豆(コーヒーノキの種子)を焙煎し挽いた粉末から、湯または水で成分を抽出した飲料。歴史への登場は酒や茶には遅れるが、多くの国で飲用されている嗜好飲料である。家庭や飲食店、職場などで飲用され、コーヒーの専門ショップも多数存在する。抽出前の粉末や粉砕前の焙煎豆も、同じくコーヒーと呼ばれることもある。日本語では「珈琲」。 世界各国において、コーヒーを提供する場の喫茶店(コーヒー・ハウス、カフェ、カフェー)は近代、知識人や文学、美術などさまざまな分野の芸術家の集まる場として、文化的にも大きな役割を果たしてきた。さらに、貿易規模が大きい一次産品であるため、経済上も重要視されている。大体北回帰線と南回帰線の間(コーヒーベルト)の約70箇国で生産され、アメリカ、ヨーロッパ、日本など全世界に輸出されている。カフェインに代表される薬理活性成分を含むことから医学・薬学の面から研究の対象となっている。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ドリップコーヒーの香りに惹かれて心地よい気分に浸ることができるのは、コーヒーの香りに秘密があるためです。忙しい日々を駆け抜けるように生きる現代人にとって、時折する休息は必要ですし、コーヒーの香りでほっとして心休まるという経験は多くの人がしています。人間の脳に対してコーヒーの香りは実際に、緊張をときほぐしてリラックスさせる効果があるためです。コーヒーを丁寧にドリップする行為だけではなく、インスタントコーヒーをマグカップに入れて、お湯を注ぎ入れた瞬間の香りでも、人の心は安らぎます。一口にコーヒーといってもいくつもの種類がありますし、飲むコーヒーの種類によっても心身へのリラックス作用には違いがあるのもユニークです。ハワイコナはやマンデリンの種類ではα波が少ないので、リラックス作用としては若干少ないものの、ブルーマウンテンやグアテマラなどは、たっぷりのα波が出るので、リラックス作用もその分大きくなります。コーヒー豆はすべての豆が同様のリラックス作用ではなく、種類により異なる癒しの効果がありますが、焙煎具合や豆の産地によっても異なるので、豆選びにも意識をすることです。コーヒーは生豆を炒めるような行為である焙煎の過程を経て、おいしいコーヒーとして飲むことができます。過熱をして火でコーヒー豆を熱する工程を通過することで、豆内部に含有する脂質が染み出しますが、このふんわりと出る脂質ことがコーヒー独特の良い香りです。ほかにもショ糖やたんぱく質も豆には豊富に含まれていて、これらが出てくることで甘い香りを醸し出すことになります。トリゴネリンやクロロゲン酸もコーヒー豆には含まれていますが、これらは香ばしさを出すことができる香りの元です。コーヒーの香りはリラックスの香りでもありますが、豊富に含まれるカフェインを適量摂取することも、人間にとってのリラックスになります。1日にほんの1杯から2杯程度のコーヒーであれば、過剰なカフェイン摂取にはなりませんし、心身をいやしで満たす良い方法です。
Tagged on: ,自家焙煎珈琲やすらぎ