横浜ホームスタッフ

横浜のリフォームの事なら横浜ホームスタッフへ。「毎日の生活がぐっと快適にかわるリフォーム」を安心価格でご提供しています。キッチン、浴室(お風呂)、トイレ、洗面所など水廻りのリフォームから、増改築、リノベーションまで対応。無料相談受付中!


リフォームの関連情報

リフォームとは、居住の改築や改装のことで、特に内外装の改装を差す和製英語。 英語の reform は「改心する、改正する」もしくは広く「作り直す」の意であり、日本語の「住宅リフォーム」に相当する語は renovation、refurbish である。また、建築業者の中には「リフォーム」ではなく、「家を作り直す」との意を込めて「リホーム」 (rehome) としているところもある(これも和製英語)。
※テキストはWikipedia より引用しています。

リフォームを行いたいと考えている人は、将来のこともしっかりと考えて行う必要があります。自宅が新しくなれば良いと考えている人もいますが、その考えだけでリフォームを依頼してしまうと、近い将来再びリフォームを依頼しなくてはならない可能性が出てきてしまいます。どんな部分に気をつけなくてはならないのかと言いますと、両親と同居する可能性があるのかなります。自分の両親が年齢を重ねてくると、1人で生活をするのが難しくなってしまい、同居をしなくてはならない場合があります。この場合は、バリアフリーの自宅でなければ、両親に非常に不便な思いをさせてしまう傾向がありますし、何かのきっかけで怪我をさせてしまう可能性もあります。また両親と同居する予定がなかったとしても、自分たちが年齢を重ねた際のことも考えて、リフォームの作業を依頼しなくてはなりません。年齢が若いうちにリフォームをする場合は、自分たちが年齢を重ねたときのことをしっかりと考えることができない傾向がありますが、バリアフリーにすることによって、自分たちが年齢を重ねた際に不便な生活をする必要がありませんし、再度大きなお金を支払って自宅をリフォームをしてもらう必要もないと言えるでしょう。年齢を重ねたときのことだけ考えれば良いのかと感じる人もいますがそうではありません。結婚してすぐに自宅をリフォームするなどの場合は、子供ができたときのことも考えてリフォームを行うようにしましょう。子供ができてある程度大きくなると、自分の部屋が欲しいと言ってくる傾向があります。部屋が空いていれば問題ないかもしれませんが、部屋が空いていない場合は、子供に自分の部屋を与えることができずに、不満を感じられてしまう場合があります。子供を作る計画があり、これからリフォームをしようと考えている場合は、子供が大きくなったときのことも考えて、子供部屋を準備するようなリフォームを依頼するようにしましょう。自宅がきれいになれば良いと考える人がほとんどになりますが、将来のことも考えて行動する必要があります。
Tagged on: ,横浜ホームスタッフ