(株)藤建企画

調布市で不動産に関することなら藤建企画へ。駅近、広いリビング、スーパーが近い、駐車場2台など、ご希望をお聞きしながら調布市や狛江市で新築一戸建て、不動産の相談に乗らせていただきます。


不動産の関連情報

不動産(ふどうさん、英: immovables)とは、国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、大まかにいうと土地とその定着物、あるいはそれらに対する物権を広く含むこともある。英米法系の民事法における物的財産(real property)に近似する概念であり、その訳語としても用いられることが多い。 日本法においては、土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はないが、建物それ自体が土地とは別個の不動産とされる(不動産登記法はそのような前提で定められている)。これは台湾民法にもみられるが、比較法的には珍しい。この他にも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産とされている。 また、本来は不動産ではないが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして船舶、航空機、鉱業権などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

お金持ちの人は現金や預貯金に各種金融商品を所有している他に土地や建物等の不動産でも居住用だけでなく、事業用にも所有して事業を営んでいる人も多くいます。ところが、財産を殆ど持たない一般的な中年サラリーマンが340坪の土地付き新築住宅を購入するのに多額の住宅ローン融資を受けなければなりません。その結果、後半人生の多くをローン返済につぎ込まなければならず、不動産を所有するには大きな負担がかかるわけです。ところが、需要が集中する大都市圏だからこそ現在のように地価が高いままになっているといえます。一方で、人口減少の著しい地方では既に地価が大幅に下落していて、場所によっては地価をゼロ円に近づけても買い手が現れない地域が急速に広がっています。こうした土地でも一昔前であれば一定の地価相場で取引されていたはずですから、土地に関わる資産価値が激変したということです。従って、大都市圏でも人口減少がこれから本格的に表面化し、2020年に開催予定の東京オリンピックのような大きなイベントの終了後に問題が起こるといわれています。立地条件や生活環境で人気のない住宅地が表れてくれば地方と同様に地価下落が始まってくるはずです。今後、不動産で財産持ちになっている人が事業を営んでいるのであれば地価相場にピリピリした気持ちで地価動向をにらみ続けることになるでしょう。株式のような金融商品であれば保有株の企業倒産がない限り、株価が企業業績に応じて上下することを繰り返していきます。ところが、人気の失せた土地の価格は近隣で何らかの大イベント開催や新幹線駅が予定されて土地需要が高まらなければ下がる一方となります。但し、大都市圏内のビジネス街に近い通勤圏の地域であればサラリーマンやそのファミリー層の需要が望めます。このようにある程度の需要があれば一定の不動産売買や賃貸需要に支えられて地価が上下を繰り返す相場展開が予想されています。土地や建物もお金を生んでくれる財産の一つですが、これからの少子、高齢化社会ではその通りになる地域は限られた一部のスポットだけになりそうです。
Tagged on: ,(株)藤建企画