Pix-do!

大阪心斎橋の写真スタジオならPix-doをお使いください!あなたの魅力を最大限に引き出す経験豊富なカメラマンが、オーディション写真の成功率を高めます。ブログやSNSへの掲載などで、存在感のある写真を必要とする方はプロフィール写真にもどうぞ。


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

デジタルカメラにはいろいろな機能があります。まずは人の顔を認識する機能があるようです。普通に撮影すると顔以外にピントが行ってしまい、顔がピンボケになることがあります。顔を認識してくれるタイプだと顔にピントを移してくれるので、あまり写真撮影に慣れていない人でもきれいに写真を撮ることができます。それ以外の機能として笑顔を認識する機能があります。単に顔を認識するだけでなく、笑顔を中心に撮影してくれる機能です。笑顔にピントを合わせるのも簡単ではありません。カメラが自動的に行ってくれば、一瞬笑ったチャンスを逃さず撮影できるかもしれません。子供の撮影をするとき、いかに笑顔の写真を残せるかが気になるときがあります。自宅で自分たちだけで撮影すると、泣いている写真や、無表情の写真ばかりになるときがあります。せっかくの記念の写真なのに笑顔が残せないのはもったいないです。そこで利用を検討したいのがフォトスタジオです。いくつかのフォトスタジオがあり、特に子供の撮影に力を入れているところがあります。七五三写真や入学式の写真、お宮参りの写真に対応してくれるところがあり、利用してみるといいでしょう。子供をメインに写真を撮影することもあって、スタッフが子供に慣れている人が多いです。子供は環境などが変わると泣き出してしまうときがあります。フォトスタジオに入った途端泣いたり、衣装を着せた途端泣くこともあります。このままだと写真撮影ができません。この時、子供に慣れたスタッフがうまく対応してくれます。子供が喜びそうないろいろなアイテムやしぐさなどがあるようで、泣いていた子が泣き止み、瞬間的に笑ってくれる時があります。その笑っている瞬間を逃さず写真撮影して残してくれます。スタジオにいる大半を泣いて過ごしていたにも関わらず、出来上がった瞬間は今まで見たことのないような笑顔になっています。子供に慣れたスタッフだからこそと言えるでしょう。
Tagged on: ,Pix-do!