Studio Palette

商品撮影は大阪のスタジオパレットへ是非、ご依頼下さい。確かな技術と経験で高品質のサービスをご提供。カタログ用写真・印刷広告用・ECサイト用など、様々な商品写真の撮影を承ります。リーズナブルな価格のプランもご用意。お気軽にお問い合せ下さい。


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

販売している商品を多くの人たちに知ってもらい、売り上げを伸ばしていきたいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、これから何かをアクションを起こしていきたいというのであれば、商品撮影に力を入れていかれるといいかもしれません。今現在では、サービスや商品を知ってもらうために、SNSやホームページに写真や情報を掲載しているという方も大勢います。そして、そういった場所は多くのユーザーの目につきますので、よい見映えの写真を撮影して掲載していけば、購入したいと考える方が増え売り上げを伸ばすことにつながります。そこで、今からでも商品撮影をしてみようというのなら、撮影方法を意識していかれるといいかもしれません。考えるべきこととしては、撮影場所や撮影の状況が挙げられます。撮影場所としては、商品が目立つように背景を単色の場所を利用されるといいですし、おしゃれな場所に商品を配置するという手もあります。清潔感がある場所を選ぶことが重要ですので意識しておきましょう。また、撮影の状況としては、影の位置を考えたり、蛍光灯の影響を考えていくことが大切になります。日光や電球の位置によって影ができると、見せたい部分が隠れてしまうことがありますし、全体的にくらい印象になってしまうことがあります。また、蛍光灯が影響すると写真が青くなってしまうなどの変化が見られますので、撮影モードも意識されるといいかもしれません。最近ではパソコンに取り込み、加工しておしゃれに見せるという方法もあるため、自分でできそうなことを始めてみられるといいかもしれません。同じ角度から撮影した写真でも、手ぶれなどの状況によって少しずつ違いが出てきますので、おしゃれな写真を撮影して見てもらいたいのなら、諦めずにこだわりをもって撮影されるといいでしょう。自分の努力が売り上げに影響することもありますので、まずは試しに撮影する計画を立てていきましょう。
Tagged on: ,Studio Palette