キダチ写真館

もうすぐ創業100年の歴史あるキダチ写真館にお任せ! 函館山の麓にある写真館で老舗ならではの撮影クオリティと仕上がりをお約束いたします。衣装も充実|お宮参り・入園・入学・卒業・成人・函館八幡宮挙式・証明写真


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

人生での幸せは、気分の良い体験をどのくらいできたかによります。少子高齢化の日本の話題が頻繁にニュースになったりしますが、経済面はともかく、精神面での老後の幸福感では、記念になる気分の良い体験を多く経験することで、それを記憶の中から呼び起こして良い気分に浸ることで満足感を得ます。それらの体験が多ければ多いほど、体が動きにくくなった後の老後の生活では、楽しみになります。そのきっかけになるのが写真です。フォトアルバムや、インターネットの画像などでデータとして保存をしていくこともできますので、あとは如何にそれらの体験を多くすることができるかにかかっています。老後の経済的な準備では老後の資金のことばかりが話題になりますが、良い体験という心の面での財産のことも考えておく必要があります。写真ということでは、ただカメラを持って、刺激的な楽しい体験を写真に収めるだけでは、その機会を数多く得ることは難しいのが、今の日本の仕事を中心とした日常生活です。それで、それらの体験を積極的に作るという作業も加える必要があります。それで参考になるのがフォトスタジオを活用した記念の作り方です。例えば家族で記念になる日にフォトスタジオを活用して、演出をしながら、記念の写真を撮ります。そうすることで、普通の単なる1日の時間が記憶に残る楽しい1日として人生の1ページを飾ります。具体的には、例えば子供に関しては、七五三などやお宮参り、お食い初め、初めての節句、1歳、2歳などの誕生日などできるだけ家族で楽しむことができる体験を記憶に残します。その時に演出としてフォトスタジオでの工夫を凝らした写真は非常に良い記念になります。またフォトスタジオでのメリットとしては、それらのサービスが豊富に用意されているフォトスタジオが多いということもありますが、やはり素人ではなくプロの写真家が撮影してくれるので、いちばん良い状態で記念に残るということがあります。また、あえてプロに撮影してもらうということで、ますます記念として意識的に家族の記憶に残り、それが絆のひとつになるということでも、大きな意味を持ちます。
Tagged on: ,キダチ写真館