アクイル

ISO内部監査の研修ならアクイルへ 業界屈指の低価格! 1名15,500円!取得コンサルティングも実施中


プライバシーマークの関連情報

プライバシーマークとは、一定の要件を満たした事業者などの団体(医療法人など)に対し、一般財団法人日本情報経済社会推進協会 (JIPDEC) が使用を許諾する登録商標である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

安全性を高める為には、認証システムも採用しておく必要があります。企業のパソコンには、大切な個人データが保存されている事もあります。誰か従業員が、そのデータを漏えいしてしまうと大変ですから、認証システムを採用しておく訳です。パスワードによる認証も、その1つになります。端末を開く時には、たいていはパスワードを入力します。正しいパスワードでなければ、パソコンは開けません。このシステムを採用しておく理由は、漏えい防止です。データの管理者以外がパソコンを開いてしまうと、万が一の漏えいもあり得ます。それを防ぐ為に、管理者だけが知っているパスワードを設定しておく訳です。その他にも、カード認証のシステムもあります。特定の社員証をセンサーに触れないと、パソコンを開けない状態にする事もできます。企業によっては、複数の認証システムによるセキュリティを導入している事もあります。正しいカードをタッチし、なおかつパスワードも正しくなければ、パソコンを開けないようにする事も可能です。確かにその方式ならば、パソコンは厳重に保護できます。しかし業務効率を考慮しますと、むしろ別の方法にする方が望ましい事もあります。時間がかかるからです。企業によっては、かなり複雑なパスワードを入力しないと、端末が開けない状態になっている事もあります。しかし複雑なパスワードを入力するのは大変ですし、そもそも忘れてしまう可能性があります。パスワードを一旦忘れてしまうと、色々厄介です。再設定の作業が必要になれば、なかなか端末を開けませんから、作業開始までが遅れてしまいます。企業にも、売上数字があります。作業時間が長くなれば、売上数字も伸びづらくなってしまう訳です。ですからセキュリティの認証システムは、あまり複雑すぎるのも良くありません。安全面だけを重視するのではなく、作業効率も考慮した上で、最適なセキュリティのシステムを構築するべきでしょう。
Tagged on: ,アクイル