ブライダルアーツ


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

夢と希望を形にしてくれるサービスはたくさんありますが、それが写真の形で残るのはとてもありがたいです。経済力がない若い人たちが今プッシュしている東京のフォトウェディングは、浅草や六本木など有名な場所だけでなく、二人の思い出の場所をめぐるプランなども組んでくれて非常に高い人気があります。結婚は愛し合う二人だけができることで、その形はさまざまです。書類を役場に提出して婚姻関係を結ぶのは形式的な物ですが、やはり華やかな結婚式を行って周囲に二人の門出を祝ってもらうのが社会的な面で意味ある結婚と呼べるでしょう。ただ、華やかな結婚式を行うにはそれなりのお金が必要で、遠くから来る人のためにホテルをとったり、ある程度人数が入れる大きな会場を探す必要があるでしょう。結婚は家と家の結びつきとの考えから、当人同士より親が盛り上がり、さまざまな面で世話を焼くところがあります。ただ、大きな式を行うことに抵抗を持つ若い人たちにとって、結婚式の規模が大きくなればなるほど負担は増えます。東京のフォトウェディングは結婚式が持つマイナスの面をうまくカバーし、必要なところだけ凝縮したスタイルとも呼べるでしょう。特に日本の首都である東京は、フォトウェディングのスポットには事欠きません。歴史的な名所やテレビでよく見ることができる場所、大きなビルや人が集まる神社仏閣など、実に多くの見どころがあります。それらの場所を撮影しながら結婚の雰囲気を出してくれる東京のフォトウェディングのサービスは、ある意味観光に近い魅力を持っています。地方から首都に働きにきている若い人たちなどは、特にそのサービスの良さに驚くはずです。なにせ、業者がほとんどの観光名所やスポットを知っていて、新郎新婦を案内してくれる上、衣装なども貸してくれるからです。貸衣装とはいえ、紋付袴や振袖、ドレスやタキシードなど一流のスタイリストが用意してくれる物なので、本当の結婚式並のスペックがあります。
Tagged on: ,ブライダルアーツ